はらまき

【J1】ACL敗退を払拭する3ゴール!清水対川崎は川崎が完勝

time 2017/09/16

Embed from Getty Images

試合の内容

清水エスパルスのホーム、IAIスタジアム日本平で迎えたJ1第26節。ACL準々決勝から中2日で挑んだ川崎フロンターレは、エドゥアルド・ネットと阿部をベンチに回し、代わりに長谷川と森谷をスタメンとして起用した。

川崎ボールで試合がキックオフ。しばらく川崎がボールを持つ時間が続く。前半14分、長谷川が獲得したFKを中村が蹴り、谷口が合わせる。これが決まり、川崎が先制する。さらに前半25分、左サイドを抜け出した車屋がクロスを供給。これを収めた小林が豪快なシュートを決め、追加点。前半40分以降は清水の攻勢が続くが、川崎はラインを細かく調整するなどして対応し、0-2で前半終了。

後半は清水ボールでキックオフ。20分ほど清水の攻勢が続く。後半34分、小林と交代した森本が高い位置でミドルシュートを放つと、ボールは相手選手に当たって軌道が変わり、そのままゴールに吸い込まれる。その後川崎はボールを保持し続けて時計の針を進め、試合終了。中2日という厳しい日程の中、アウェイで勝ち点3を手に入れた。

続きを読む

試合の感想

勝ったーーーーー!!!ACL浦和戦での逆転負けのショックが大きすぎて、正直気持ちの整理がつかないままDAZNで試合を観てたんだけど、選手はしっかり切り替えてた!!すごい!!

今日すごいと思ったのはハセタツ。やっぱりドリブラーが好きだなあ。見てて面白い。ボールを持った時にワクワクする。フロンターレ以外だとマリノスの学とガンバの泉澤が好き。今日ハセタツのドリブルを見てたら、スラムダンクで宮城が言ってた「ドリブルこそチビの生きる道なんだよ!!」という台詞を思い出した。また先発で見たいなあ。

浦和戦で痛恨のレッドカードを受けて退場してしまった車屋先生ですが、それを引きずることもなく、完全に気持ちを切り替えていらっしゃいました。切り替えるどころか、むしろ更にプレイに磨きがかかっているようにお見受けしました。先生のお好きな雨が降っていたから、というのも理由としてあると思うのですが、きっとそれだけではないはず。ユウが決めた後に車屋先生とガッツリ抱き合ったシーンは、とても心が揺さぶられました。

エスパルスで怖かったのは、やっぱりチアゴ・アウベス。ボールを持った時もそうだけど、セットプレーが怖すぎた。でもソンリョンがしっかり弾いてくれた。ありがソンリョン。テセも見たかったけど、今日の試合には間に合わず。

さー、次の試合の相手どこだっけと思ってフロンターレの公式サイトで調べたら、4日後にまた清水とだった。そうだった…連戦だった…。今後も厳しい日程が続くけど、やりくり上手の鬼木さん(今季前半で証明済み)なら上手に選手をやりくりしてくれるはず!この最高のメンバーでタイトル獲ろう!

フロサポの反応


マスコットの反応

ゴール動画


前の記事 ≫

関連記事

漫画日記

観戦レポ

エッセイ漫画

創作漫画

バイト

教育実習

紹介記事

プロフィール

小川真孝

小川真孝

漫画家です。
週刊少年チャンピオンで「はらまき」を連載してました。
猫と川崎フロンターレが好きです。
お仕事募集中です。
よろしくお願いします。 [詳細]