はらまき

おすすめ村上さん作品『海辺のカフカ』

time 2016/10/23

こんにちは、小川です。僕は村上春樹さんの作品がとても好きなので、これからおすすめの作品を何作か紹介していきたいと思います。よろしくお願いします。

海辺のカフカ (上) (新潮文庫)
「主人公の”僕”は、15歳の誕生日に家出をし、やがて小さな図書館で暮らす事になる―。」

2002年刊行の長編小説。作品のテーマは重く、ストーリーには謎も多いけど、文章が読みやすい上にキャラクターが魅力的なので、スラスラと読めてしまいます。

主人公は二人。15歳の家出少年である”僕”と、猫と会話ができる初老の紳士”ナカタさん”。まずは僕編、次はナカタさん編というように、二人の物語が交互に語られるという形式です。冒頭では全く接点のないように思えた二人ですが、ページを追うごとに二人の物語が徐々に交差していきます。

「世界で一番好きな小説は?」と聞かれたら、僕は迷わずこの作品を選びます。上下巻の長編で、一部動物に対する残酷な描写もありますが、ぜひ読んでもらいたい作品です。

« 次の記事
前の記事 »

漫画日記

エッセイ漫画

創作漫画

入院

バイト

教習所

授業

高校

その他

プロフィール

小川真孝

小川真孝

漫画家です。
週刊少年チャンピオンで「はらまき」を連載してました。
猫と川崎フロンターレが好きです。
お仕事募集中です。
よろしくお願いします。 [詳細]

twitter

pixiv